住宅を購入した我が家のその後

夏頃完成の一戸建て住宅を年末に購入しました。

内見等で問題がある箇所は指摘し、直して頂いたのですが住み始めてしばらくすると所々問題が出てきました。まず玄関前に数段ある階段のコンクリ目地がひび割れ、剥がれました。

それと床鳴りです。一定のライン全てがギシギシと歩くたびになるんです。

電気スイッチのカバーが外れたりドアの蝶番に隙間ができたり、ドアノブのビスが取れたり…

今はクロスが剥がれてきてる箇所があり困っています。

全て工務店に話をして直していただきました。

コンクリ目地はその箇所のみ打ち直し、電気のスイッチは新品に取り替え、蝶番やビスも外して取り替えて頂きました。

問題の床鳴りは問題の箇所のつなぎ目から専用の接着剤のようなものを隙間から流し込んでもらい音もなくなり解決しました。

剥がれてきたクロスについては水回りなので仕方ないところもあるかと思いクロス用のノリがちょうど自宅にあるのでそれを使い張り直しをする予定です。

我が家は急遽購入に至ったので建築時期や工務店の評価など気にする暇もなく購入しました。

後から知ったのでもう今では仕方ないと思って居るのですが、もしその時わかっていたらこの工務店で住宅を購入しなかったと思います。

内見の段階で指摘箇所も多く、入居までにしてもらえなかった箇所も多々ありましたし、補修も中途半端や雑なのも多かったです。

住んでからも次々と、私たちの故意ではない明らかに施工段階の問題が出てきて、付き合って行くしかないと思いました。

住宅を建築する際に乾燥する時期がいいと聞いていたのですが、我が家は基礎が大体梅雨時期で、完成も夏真っ只中でジメジメしていたはずです。

補修をお願いする度に言われるのが温度差で、寒さでした。

住宅購入の際は建築開始の時期などもきちんと見るべきところです。

PR/生命保険の選び方 クレジットカードの即日発行じゃけん 女性向けエステ.com 住宅リフォーム総合情報 英語上達の秘訣 お小遣いNET 貯蓄 JALカード 家計見直しクラブ