建売りの条件(駅からのアクセス)

家を購入する上で最も重要視していたのは、駅からのアクセスです。
以前友人とシェアハウスで住んでいた家は、駅から徒歩30分という条件の上に、行きは下り坂、帰りは上り坂という最悪の条件でした。
自転車で登るのも億劫、歩くのも億劫でした。
しかし駅から近くなればなるほど、物件価格は上昇します。私の場合は、歩くことはさほど苦ではないタイプでしたので、徒歩15分圏内を一つの基準としていました。
この条件だとかなり多くの物件を見ることができます。

しかし、最寄駅のアクセスの条件基準を下げれば、物件価格はかなり下げることが可能です。
駅から徒歩圏内の住宅は古くなっても需要があるからです。ですので私なら、平坦な道が続くのであれば自転車で駅まで通えれば苦ではありません。なので傾斜が緩く、徒歩15分圏内を目安に物件を考えていました。
徒歩15分圏内だとかなり多くの物件を見ることができました。またかなり経費を削減することができますので、広さだったりと違う部分に回せるのでオススメです。

何に取り組むにもそうですが、絶対譲れない条件、ここまでなら妥協してもいいラインの設定はとても重要なことだと思います。自分の条件を見つけていい家を探してみてください。

“建売りの条件(駅からのアクセス)” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。