無理のない範囲でのマイホーム購入

マイホームを購入する際に重視したことは2つあります。1つは、子どもの学区です。
「ここに入れたい!」という小学校があったわけではなく、「ここには入れたくないなあ」と思う小学校があったので、そこの校区はできるだけ外して、家を見て回りました。
2つめは、予算オーバーをしないことです。マイホームが欲しいのは確かですが、そのために生活をカツカツまで切り詰めたくはなかったので、無理のない範囲で買える家を探しました。

予算オーバーはしない、と固く心に決めていても、注文住宅というのは、話し合いを重ねれば重ねるほど、どんどん値段が上がっていくものです。
そこで私達は、恥ずかしながら、先にこれ以上は出せないという予算の上限を、営業さんに伝えておきました。
そのおかげか、高価なオプション装備をゴリ押しで勧めてくることは無く、逆に「こうすれば安くなりますよ」という小技をいくつか教えていただきました。
最後、外構で若干予算オーバーした時も、サービスで値引きをしてもらい、とても助かりました。

家はとても高い買い物です。油断するとすぐに価格が上がっていくので、恥ずかしがらずに、無理なものは無理と断る勇気も持ちましょう。