建て売り販売の落とし穴に気を付けて貰いたい

建売住宅を購入する際、防犯対策として、窓には防犯のフェンスなど付けたら良いです。
外から侵入を防ぎたい場所のトイレ、浴槽、台所の窓と、2階の窓には防犯用のフェンスは必要だと思います。
私の考えでは、そのフェンスの外からは絶対入れず、家の中から開けることが出来る仕組みになっていたらなお良いです。
網戸はやはり危険なので、落下しないような物を開発してくれたらいいなと思います。

近所の家では窓にはフェンスがしてあります。やはり、外からの防犯対策はこれからも一番大切だと思います。
家の土台、耐震は一番重要なので、それが出来ない業者はマイホームを建てて欲しくないです。
軽い地震が来る度に度に壁に亀裂、土台に亀裂が入ったり、戸や窓の開け閉めが出来なくなったりしては、家を直してもらえないことは非常に問題です。
耐震住宅でない家では、やはりリフォームすることは無理があるので、国や県がこれから無償で直して貰える制度を作ってくれたらと思います。

まず地盤が大切です。
家の基礎、土台が耐震であることです。
日当たりが一日中よく当たる場所がやはり良いです。