注文住宅をよりよくスタートする為には土地探し

注文住宅を建てる際、気を付けたことです。
1つは、立地条件です。自分が生涯に渡って住みやすい場所かどうかを想像してみて安心がある土地を選びました。子どもの小学校と中学校の通学路と駅までの距離が無理なく歩きで行けるかどうかです。
2つめは、家の耐震性です。家は、長く住み続けたいと思っていたので、長期優良住宅の申請を受けられて、耐震等級3クラスの家に住むことを重要視していました。

まずは、不動産をたくさん周り、土地を探しました。気に行った土地がみつかると自分の足でその周辺を歩いたりしました。また、時間帯をずらして土地を見に行くことで日当たりや人通りを確認しました。通学路も歩道が歩きやすいかも確認しました。
家の構造については、ハウスメーカーを周り歩き構造について説明してもらいました。また、耐震性を確保できる構造かどうか計算されているかも、チェックしました。そして、どのような材料で成り立つのかも詳しく聞きました。

自分がどんな環境なら居心地がいいか、自分の未来はどんな風に過ごしたいかということを家族で考え始めることが、家の購入を後押ししてくれると思います。