新築、一戸建てにした理由・・家族空間の大切さ

家族がいつも同じ空気を感じられる家です。
夫婦、子供2人(男の子)いわゆる一般的な家族構成です。一番はリビングを生活の中心に考えました。
リビングからキッチンが見える、玄関が見える、トイレ、洗面所も直ぐ近くに感じられる、子供の勉強も、母の家事(アイロンや洗濯物、縫い物)も、お昼寝もそうです。
1階はすべて家族スペース、ワンフロワーです。

まず、玄関入ってすぐにリビングにしました。そこを通らないと家の各場所どこにもいけないように、2階に上がる階段はリビングの一番奥に設計しました。
やがて思春期を迎える子供が自室のこもるようになったとしても、帰宅してリビングを通って部屋に行く。トイレもリビングを通って行く。お風呂も食事とするときも、家族がいる場所を常に感じられる事が一番重要視したところです。
おかげで1階の各部屋には壁がなく(でも開放できる引き扉をつけました。)、実際の広さより空間が感じられ、より広さを感じられました。
月日がたって思春期を迎えた子供たちも、寝る時間以外はずっとリビングで過ごしています。

ご自分にあった生活のくらしをまず考えて、そのライフスタイルにとって1番大切にしたいものを決めてそこからぶれなければ、家購入は間違えないと思います。